mogu*Cafe

たれみみうさぎ もぐの日々

*

うっ滞になってしまったときのことを
ここに書いておきますね*
どなたかの参考になれば…の願いを込めつつ。




mogu356

朝、ペレットを用意した時に異変がありました。
いつもなら飛び付くはずなのに、
部屋に置いても、口元に近づけてもそっぽを向いて全然食べません。

すぐに部屋を暖めて
他の食べたことのある物
おやつパパイヤ・キャベツ・ニンジン・水菜など…
あげましたが、全て食べません。

だんだん
耳も冷たく、動くのもつらそうになってきました。

症状に気付いて3時間経った頃 車で1時間の動物病院さんへ向かいました。


診て頂いた結果

・体温が37度台 (うさぎの平熱は38.5~40度) 体温が下がるのは結構危険な状態。
・食べてない割にお腹が張ってガスが溜まっている。


2日分の粉薬の処方と、
うなじ~背中の辺りに注射をして頂きました。

ガスが溜まった理由は いろいろあるので何とも言えないとの事。
その日は急に寒さが戻って雪が降った日なので、それもあるのかも、と。

「完璧にこれでよくなるとは言えないので 何かあったらすぐ来て下さいね」
とのことでした。

ケージに戻すと すぐトイレに向かい、ずっと出なかった●が!
いびつで小さくて量も少なかったけれど、注射の効果が表れました。
その後、ごはんも食べられるように。

mogu357


この姿がうれしくて。(T T)
帰宅してすぐに、上に乗れるタイプのヒーターも設置しました。


2~3日お薬を続け、徐々に●も食欲も 戻ってきました。

3日目
久々の部屋んぽをしていた時、
人間?!ってくらいの音で、お腹が「ぎゅるる~~」。

4日目
薬がなくなり、再び食欲がなくなってきました。
牧草や生野菜は差し出せば少しずつ食べるのですが
ペレットは全く拒否。
お腹が結構張っていて、
音は 今度は耳を近づけても全く鳴っていない様子。
(健康だと小さく音が聞こえるはずなのに!)
●も小さく 少なめ。


夕方、動物病院さんへ電話すると
「様子によるけどできれば来てまた注射してください。難しいなら粉薬だけでももらいに来て下さい」
との事でした。

そして最後に看護師さんが仰った
「うさぎさんは様子見てると手遅れになる事もあるので、あまり様子見ないで、来て下さい」

ドキッ。。。

その後あまりの心配さにほとんど眠れず、
何度ももぐのところへ行ってはベッドに戻り…を繰り返し
へとへとの状態で朝イチ動物病院へ出発します。(ぉぃぉぃ^^;)

mogu358


2度目の動物病院

体温は38.5度。◎
お腹はパンパンに張っていて、
注射を3本
(腸の動きを活発にする薬 抗生剤 点滴・・・だったと思いますが違うかもしれません)
打っていただきました。

家が遠いということで今回は多めに粉薬を処方して頂いて帰宅。
前に比べればよくなってきてはいるので、
様子をみて徐々に薬の頻度や量を減らしてもいいとのこと!


その後、順調に回復し、1週間後にはすっかりよくなってくれました。(T T)

もぐが元気になってくれて 本当によかった。




飲み薬のお話 (粉薬編)

とても苦労しました。


最初に、水で溶かした濃い感じの液体を
チンゲン菜や小松菜にかけてあげました。
変なにおいがするらしく、全く食べてくれません。。。
(避妊手術後はこれでいけたのに!)


次に
リンゴジュースで溶かす方法。

リンゴジュースだけだとシリンジでおいしそうに飲んでくれたけど
薬を混ぜるともうだめ。
おそらく、においが変になるようです。


次に
すりつぶしバナナに混ぜました。これが大成功。(^-^)

最初は全然食べてくれなかったのですが、
2回目、ケージの前ですりつぶしていると 
突然ケージをかじりだし、「ちょーだい!!」


この薬は 卵っぽいというか ほくほくした香りなので
それがバナナと混ざると
いい感じに混ざり、気にならなくなるので
それがよかったのかもしれません。(^_^)


治療費のおはなし

今回のかかったお金

初回病院代   ¥5,000
2回目病院代 ¥10,000
野菜など    ¥1,000

保険にはいっていなかったので、100%かかってしまいました。
初回は2日分だったお薬、 
2回目はたくさん頂いたので、その分の差額のようです。



mogu359
Welcome
たれみみうさぎ もぐの日々

≫もぐと当ブログについて

mogu*Cafeは
ブログ村に参加しています
応援クリックしていただけますと
とてもうれしいです(^o^)

にほんブログ村 うさぎブログ ロップイヤーへ
New entries
Recent comment
Search
  • ライブドアブログ
mogu*Cafe